ふじおかクリニック

トップイメージ

TEL 072-799-8733

PCサイトを表示

TEL 072-799-8733

PCサイトを表示

© Fujioka Clinic
戻る

ふじおかクリニック

クリニックからのお知らせ

INFORMATION
'18年12月04日
New!
年末年始の休診のお知らせ
12月29日(土)まで通常どおり診療を行います。
12月30日(日)~1月4日(金)まで休診とさせていただきます。
1月5日(土)から通常どおり診療を行います。
何とぞよろしくお願いいたします。

'18年11月14日
New!
インフルエンザ予防接種について
ワクチンの供給不足により、現在在庫が少なくなっております。
そのため、在庫が無くなり次第、一時予防接種を中断させていただきます。ワクチン入荷次第再開いたします。
最新情報はアイチケットのページに表示しますので、ご確認ください。
>>アイチケットページ
何とぞよろしくお願いいたします。

'18年09月20日
インフルエンザ予防接種のお知らせ
【接種期間】2018年10月15日(月)〜2019年1月31日(木)まで
【接種料金】1回2,600円
※川西市・猪名川町の65歳以上の方は1,500円
※12歳以下の方は2回接種になりますのでご注意ください
※12歳以下の方は母子手帳を必ずご持参ください
予約は不要で、診察や他の予防接種と同時に接種することも可能です。詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

下記リンクより問診票(任意接種用)をダウンロードして印刷し、診察時にお持ちいただけます。
※川西市、猪名川町にお住まいの65才以上の高齢者の方用の問診票はクリニック受付でお申し付けください。 (任意接種用の用紙は使用できません。)

>> 問診票をダウンロードする


'17年02月08日
補聴器の電池交換について
補聴器の電池も置くようにいたしましたので、補聴器メーカーにかかわらずご希望の方はどうぞご利用ください。診察なしでもかまいません。
ただし型が4種類あるため、今お使いの電池をお持ちいただくか、電池のケースをお持ちください。
1箱(6個入り)1,000円です。
検査機械の導入について
インフルエンザやマイコプラズマの診断に従来の簡易型検査だけではなく、富士フイルム(富士ドライケム)のIMMUNO AG1という検査機械を導入しました。
これは今までは症状がでてから半日程度経過しないと検査をしても陽性にならなかったものが、4時間程度で診断ができるようになった機器です。

'16年10月03日
スギ、ヒノキ花粉症に対するレーザー治療のお知らせ
スギやヒノキの花粉症でお困りの方で、レーザー治療を考えておられる方は治療の有効性のため、年内に治療をすることをおすすめします。
(花粉症シーズンに入り、症状が出てからではレーザー治療を行いません)
ご希望の方は一度早めに当院にてご相談ください。

'16年07月04日
ホームページをリニューアルしました
ホームページをリニューアルしました。
特に診療に力を入れている内容について詳しく掲載しました。
皆様にお役立ていただけるホームページとなるよう取り組んでまいりますので、是非引き続きご利用ください。

'16年03月04日
舌下免疫療法を開始しました
舌下免疫療法を開始しました。対象はスギ、ダニアレルギーのある患者さんです。
ただし、スギアレルギーの人は薬剤の特性上、6月から開始となります。
興味のある方や、その適応となるか聞いてみたい方など、話を聞いてみたいだけでもよいので一度ご相談ください。

'16年01月26日
花粉症の時期が近づいてきました
花粉症は季節前からの内服や点眼、点鼻治療で症状が緩和されることが多くあります。
ご希望の方は、花粉症治療を長年行ってきている当院に一度ご相談ください。

戻る

TEL 072-799-8733

PCサイトを表示

© Fujioka Clinic
戻る

ふじおかクリニック

ごあいさつ

画像

地域の皆様の“かかりつけ医”として。

はじめまして。この度、平成27年5月に兵庫県川西市のガーデンモール清和台におきまして「ふじおかクリニック (耳鼻いんこう科・アレルギー科)」を開院させていただくことになりました藤岡 孝典(ふじおか たかのり)です。

現在まで耳鼻咽喉科・アレルギー科を専門とし、臨床・研究に取り組んでまいりました。 開院にあたりこれまでの経験を生かし地域の皆様の“かかりつけ医”として、当クリニックを皆様の身近にお役立ていただければ幸いです。

特にアレルギー性鼻炎(花粉症)や副鼻腔炎(ちくのう)の治療については長年取り組んでおり、現在の病状・今後の治療方針について患者様や保護者の方と話し合いながら、本人にとってより良い治療を一緒に行っていきたいと考えております。

また、多くの“耳・鼻・のど”の手術患者さんを主治医として担当させて頂いた経験を活かして、手術の必要性や方法についてもお答えいたします。

“耳・鼻・のど”に関する診断/治療から、めまい・難聴・補聴器のご相談まで患者様に安心して受診していただける地域の医院として皆様の身近にお役立ていただければ幸いです。

院長プロフィール

院長 / 医学博士

画像

院長 藤岡 孝典

  • 日本耳鼻咽喉科学会認定 耳鼻咽喉科専門医
  • 日本耳鼻咽喉科学会認定 補聴器相談医
  • 日本耳鼻咽喉科学会認定 騒音性難聴担当医
  • 厚生労働省認定 補聴器適合判定医
  • 臨床研修指導医

経歴

平成14年3月
和歌山県立医科大学 卒業
平成14年5月
大阪市立大学医学部附属病院 耳鼻咽喉科
平成15年5月
和泉市立病院 耳鼻咽喉科
平成21年3月
大阪市立大学大学院 修了
平成21年4月
大阪市立大学医学部附属病院 耳鼻咽喉科
平成23年4月
和泉市立病院 耳鼻咽喉科 医長
平成25年1月
大阪市立大学医学部 耳鼻咽喉病態学 講師
平成27年5月
ふじおかクリニック(川西市)開院

診療方針

  • 患者様の訴えに耳を傾け、わかりやすく簡潔な説明をすることにより、 地域の皆様に信頼されるよう努力いたします。
  • 根拠に基づき、高い有効性と安全な医療を提供できるように努力いたします。
  • 高度な医療レベルを持つ病院との密な連携を図ることによって、 患者様が迅速に適切な治療が受けられるように配慮します。

戻る

TEL 072-799-8733

PCサイトを表示

© Fujioka Clinic
戻る

ふじおかクリニック

診療時間のご案内

  午前診
9:00〜12:00
午後診
3:00〜7:00


補聴器外来

金曜の午前9:00〜12:00(要予約)

休診日

水曜の午後・土曜の午後・日曜・祝日

診療科目

耳鼻いんこう科
アレルギー科

初めて受診される時には下記のものをご持参ください。

  • 健康保険は毎月確認させていただきます。
    ご面倒ですがその都度ご持参ください。
  • 他の医療機関で検査を受けられた結果をお持ちの場合には、その検査結果をできるだけお持ちください。
    また紹介状をお持ちの場合には必ず持参してください。
  • 他の医療機関で何かお薬を処方されている場合には、お薬手帳薬自体を持参してください。

必要な検査はできるだけ早く

当院では頸部の腫れなどの症状で来られた方には、必要に応じてその場でエコーを行い、できるだけ早く診断をつけられるようにしています。
また状況によっては細胞診もその場で行います。
その他に、何か出来ている場合にも当院で可能な範囲で組織検査を行います。
当院では難しい場合や、さらなる検査や治療が必要な場合には速やかに適切な病院をご紹介させていただきます。
この方針は耳や鼻でも同じですので、何かご心配な症状がありましたら、一度ご相談ください。

インフルエンザやマイコプラズマの診断について

インフルエンザやマイコプラズマの診断に従来の簡易型検査だけではなく、富士フイルム(富士ドライケム)のIMMUNO AG1という検査機械を導入しました。
これは今までは症状がでてから半日程度経過しないと検査をしても陽性にならなかったものが、4時間程度で診断ができるようになった機器です。

検査機械

戻る

TEL 072-799-8733

PCサイトを表示

© Fujioka Clinic
戻る

ふじおかクリニック

戻る

TEL 072-799-8733

PCサイトを表示

© Fujioka Clinic
戻る

ふじおかクリニック

HOME

クリニック紹介

受付
受付

待合室
待合室

キッズコーナー
キッズコーナー

中待合
中待合

診察室1
診察室1

診察室2
診察室2

吸入コーナー
吸入コーナー

処置室
処置室

鼻洗コーナー
鼻洗コーナー

聴力検査室
聴力検査室

レントゲン室
レントゲン室

洗面コーナー
洗面コーナー

トイレ
トイレ

クリニック入口
クリニック入口

お気軽にご相談ください
お気軽にご相談ください

戻る

TEL 072-799-8733

PCサイトを表示

© Fujioka Clinic
戻る

ふじおかクリニック

HOME

主な検査設備

超音波診断装置(エコー)
超音波診断装置(エコー)

首などに違和感がある患者様の検査に使用します。

CO2レーザー
CO2レーザー

アレルギー性鼻炎等の治療に使用するレーザー装置です。

顕微鏡
顕微鏡

耳の中を観察したり処置を行うときに使用します。

電子ファイバースコープ
電子ファイバースコープ

耳、鼻、のどの奥を観察するときに用います。

画像ファイリングシステム
画像ファイリングシステム

画像検査や聴力検査など様々な検査結果が集中管理されます。
写真の画像はダミーです。

バイポーラ
バイポーラ

鼻血をとめるための鼻粘膜焼灼治療装置です。

電子カルテ
電子カルテ

診察内容や検査記録が電子カルテに管理されます。

ネブライザー
ネブライザー

薬液を細かい粒子にして鼻やのどに投与する吸入器です。

重心動揺計
重心動揺計

めまいやふらつきなどがないか調べる平衡機能検査装置です。

エックス線装置
エックス線装置

耳、鼻、咽喉頭のレントゲンを撮影装置です。

デジタルレントゲン
デジタルレントゲン

撮影されたデジタル画像を保存する装置です。

聴力検査装置
聴力検査装置

聴力検査や鼓膜や耳小骨の振動(動き具合)を調べる装置です。

順番予約システム
順番予約システム

当日の順番をインターネットで予約できます。
初診の方はご利用いただけません。

戻る

TEL 072-799-8733

PCサイトを表示

© Fujioka Clinic
戻る

ふじおかクリニック

みみ・はな・のどの診療

みみ・はな・のどのこのような症状でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

戻る

TEL 072-799-8733

PCサイトを表示

© Fujioka Clinic
戻る

ふじおかクリニック

HOME

みみの症状でお困りの方

みみ

みみの症状

耳が痛い、耳から膿(うみ)が出る、聞こえにくい、耳鳴りや音がする、耳の下が腫(は)れる、めまい など

みみの病気

外耳炎、中耳炎、難聴、耳管狭窄症、耳管開放症、耳あか、メニエール病、めまい など

補聴器の電池交換

補聴器の電池も置くようにいたしましたので、補聴器メーカーにかかわらずご希望の方はどうぞご利用ください。診察なしでもかまいません。
ただし型が4種類あるため、今お使いの電池をお持ちいただくか、電池のケースをお持ちください。
1箱(6個入り)1,000円です。

戻る

TEL 072-799-8733

PCサイトを表示

© Fujioka Clinic
戻る

ふじおかクリニック

HOME

はなの症状でお困りの方

はな

はなの症状

鼻が痛い、頬が痛い、鼻水・鼻血が出る、匂いがよく分からない、鼻がかゆい、鼻がにおう(臭い)、鼻がつまる など

はなの病気

アレルギー性鼻炎、花粉症、副鼻腔炎(ちくのう)、鼻ポリープ、副鼻腔腫瘍 など

戻る

TEL 072-799-8733

PCサイトを表示

© Fujioka Clinic
戻る

ふじおかクリニック

HOME

のどの症状でお困りの方

のど

のどの症状

のどが痛い、咳が出る、うまく飲み込めない、味が分からない、声が出にくい、のどがつかえる など

のどの病気

咽頭炎、扁桃炎、喉頭炎、声帯ポリープ、声帯麻痺、咽頭腫瘍、喉頭腫瘍 など

戻る

TEL 072-799-8733

PCサイトを表示

© Fujioka Clinic
戻る

ふじおかクリニック

アレルギーの診療

戻る

TEL 072-799-8733

PCサイトを表示

© Fujioka Clinic
戻る

ふじおかクリニック

HOME

アレルギーの診療について

画像

当院は診療科目にアレルギー科をあげていますが、その通りアレルギー診療に力を入れています。
今やアレルギー疾患は国民病であり、ほとんどの人が何かに対するアレルギーを持っていると言っても過言ではありません。
当院ではその診断、治療に力を入れています。
アレルギー疾患は喘息やアトピー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎などがありますが、当院は耳鼻いんこう科ですので、特にアレルギー性鼻炎についてお話しします。

戻る

TEL 072-799-8733

PCサイトを表示

© Fujioka Clinic
戻る

ふじおかクリニック

HOME

診断

画像

まずお越しいただいた方のお話を伺うことでアレルギー性鼻炎を疑ったうえで、鼻の粘膜を観察して診断します。
そして当院ではアレルゲン(原因物質)の検査をおすすめしています。というのも、アレルギー疾患は現時点では根本的に治癒させる治療方法はなく、対症療法になります。
その際にも非常に重要となるのが、原因物質を回避することです。その原因物質を回避するためには、原因物質を正しく知り、対策をとることが必要なのです。

検査方法としては食物アレルギーの検査には採血が必要です。
花粉やダニ、ハウスダスト、カビなどの吸入系アレルギーでも同様ですが、当院ではお子さん(特に小学校入学前)の検査では指先から血液を少量とるだけで検査できる簡易検査(イムノキャップラピッドⓇ)を導入しています。

決まった8項目のみではありますが、この検査であれば腕からの採血は不要で20分程度で結果が出ます。(大人の方でも検査可能です)
どの検査が良いかは、診察時にご相談ください。
※薬物や金属アレルギーはプリックテストが必要であり、当院では行っていません。

戻る

TEL 072-799-8733

PCサイトを表示

© Fujioka Clinic
戻る

ふじおかクリニック

HOME

治療

内服薬・外用薬による治療

画像

一般的に行われている治療です。
季節性アレルギーの方は、その時期より少し前から治療を開始することで症状をコントロールしやすくなります。
たとえばスギ花粉症の方は1月下旬からの治療をおすすめします。
通年性アレルギーの方は、症状の強さに応じて治療を行います。
場合により内服薬を組み合わせたり、外用薬や漢方薬も使用します。

レーザー治療

画像

アレルギー性鼻炎による鼻づまりを改善させるための治療方法です。鼻の中をガーゼで麻酔し、鼻の中をカメラで見ながらレーザーで焼灼します。
術後に鼻づまりが一時的に悪化しますが、その後改善します。
ただ効果の持続時間が長くて2年程度ですので、効果が弱くなってきた方にはレーザーを繰り返して行います。

小学校高学年くらいからであれば可能であり、30分程度で終了します。
症状が強い時にはレーザーを行うと逆効果になりますので、たとえばスギ花粉症の方の場合には12月から1月上旬には治療を行う必要があります。
通年性アレルギーの方は症状の強くない時期をご相談のうえで決定します。

減感作療法

画像

アレルギーによる症状をなくす可能性がある唯一の治療方法です。アレルゲンを体内に直接投与することで、アレルギー反応を起こさないようにするものです。
以前から行われていた注射による治療と、近年始まった舌下免疫療法があり、当院では後者による治療を行っています。 12才以上で、重症の喘息がない、などいくつかの条件はありますが、当てはまる方でご希望される方は採血でアレルゲンを正確に確認した後に、十分な説明を行ったうえで治療を開始します。
毎日舌の下に錠剤を15分程度おき、そのあとうがいをするということを1~2年程度は継続します。

すべての方に治療効果が出るわけではなく、現在日本で発売されているのがスギとダニだけであるという問題点はありますが、興味のある方は一度ご相談ください。

戻る

TEL 072-799-8733

PCサイトを表示

© Fujioka Clinic
戻る

ふじおかクリニック

小児耳鼻咽喉科

戻る

TEL 072-799-8733

PCサイトを表示

© Fujioka Clinic
戻る

ふじおかクリニック

HOME

小児耳鼻咽喉科の診療について

画像

当院ではお子さんの耳鼻科診療を積極的に行っています。
中耳炎や咳、微熱などでは鼻汁のコントロールが重要です。
お薬も処方いたしますが、それ以上に大事なのが鼻の処置です。
お薬の効果には限界があり、物理的に鼻汁をとってあげて減らすことを第一にするという方針です。
ですので、お子さんに関しては鼻汁が多い時にはできるだけ通院していただき、処置や吸入をしていただきたいと思っています。

戻る

TEL 072-799-8733

PCサイトを表示

© Fujioka Clinic
戻る

ふじおかクリニック

HOME

お薬

画像

お薬も抗生剤は出来るだけ基本的なものを十分な量を短期間で、と考えています。
強い抗生剤が必要なときもありますが、それに必要以上に頼ってしまうと次からの治療が難しくなります。
ですので新しく強い抗生剤は当院ではあまり処方いたしません。
また、どうしても長期にお薬を内服することもあります。
もし何かわからないことや不安に思われることがありましたら、遠慮なくお聞きください。

戻る

TEL 072-799-8733

PCサイトを表示

© Fujioka Clinic
戻る

ふじおかクリニック

HOME

予防接種

画像

当院では現在のところBCG、子宮頸がんワクチン以外の定期、任意接種を行っています。
ご希望の方に対して薬剤を取り寄せていますので(季節性インフルエンザワクチン以外)必ず母子手帳をお持ちのうえ、受付までお越し下さい。(予防接種ミスや事故予防のため電話での受付は行っておりません)そこで確認のうえ、発注いたします。
任意接種の場合、一部料金を前金としてお預かりさせていただきます。

当院を受診されたことのない方でも大丈夫です。
ただ、上記の理由のため一度ご予約いただいた予防接種のキャンセルは一切お受けできないことと、季節性インフルエンザワクチン以外の当日の接種はできませんので、ご了承ください。大人の方の予防接種も承りますので、ご相談ください。
また季節性インフルエンザの予防接種に関しましては、接種時期になりましたらお知らせさせていただきます。

戻る

TEL 072-799-8733

PCサイトを表示

© Fujioka Clinic
戻る

ふじおかクリニック

睡眠時無呼吸症候群

戻る

TEL 072-799-8733

PCサイトを表示

© Fujioka Clinic
戻る

ふじおかクリニック

HOME

睡眠時無呼吸症候群の診療について

画像

私は今まで勤務してきた病院すべてで睡眠時無呼吸症候群の専門外来を担当していました。
また、大学病院でも一時唯一の診断治療を行える医師として勤務し、その後睡眠時無呼吸センター設立時にもそのメンバーを務めました。
ですので、睡眠時無呼吸に関しては、より専門性の高い診療を行っております。

戻る

TEL 072-799-8733

PCサイトを表示

© Fujioka Clinic
戻る

ふじおかクリニック

HOME

検査

画像

現在、日本では多く方は簡易型(アプノモニターと呼ばれる腕時計のような検査機器)による診断をうけています。医院によってはこれを精密検査と説明されていますが、この検査では睡眠の状態がわからないため、十分な検査とはいえません。
しかし、脳波まで検査する精密な検査(終夜睡眠ポリグラフィー:PSG)は行える施設が限られており、入院が必要なことや料金が数万円するため、なかなか受けづらい状況でした。

そこで当院は入院せずにご自宅でPSGを行う業者と提携し、まず一度簡易な検査を行ったうえで精密な検査を受けやすくしました。
まずは当院にお越しいただき、ご希望の方にはこちらから業者へ連絡することでご本人のご都合にあわせて検査をする日程を決めていただきます。

検査を受けていただいた後は当院で検査結果を説明させていただいたうえで、治療が必要な場合にはそのまま治療にうつることができます。(検査のみご希望の方でも大丈夫です)

戻る

TEL 072-799-8733

PCサイトを表示

© Fujioka Clinic
戻る

ふじおかクリニック

HOME

治療

画像

一般的に現在の治療は夜間にマスクを装着し、機械から空気を送り込むCPAPという治療が標準的です。
ただ、鼻のトラブルなどにより治療の継続が難しい方も多いのが現状です。
ですのでCPAP治療を行う際には特に鼻の状態の評価やコントロールが必要と考え、内服や点鼻薬、場合によってはレーザーにより鼻の中を広くする治療も併用しています。
他院でCPAP治療を受けておられる方で、何かお困りのことがありましたらお気軽にご相談ください。
また手術を行った方が好ましい方に関しては、手術を行える施設をご紹介させていただきます。

戻る

TEL 072-799-8733

PCサイトを表示

© Fujioka Clinic
戻る

ふじおかクリニック

HOME

いびき

画像

いびきは治療が非常に難しいというのが現状です。 今までも手術などを行ってきた時代がありましたが、術後悪化することも多く、現在はあまり行っていません。
しかし、新しい方法としてnastent(TM)という鼻からご自身で寝るときに入れていただくシリコンチューブが発売されました。
これを鼻から挿入することで、口蓋垂(のどちんこ)付近に達することでいびきが改善される方がいます。
すべての方が効果がでるわけではないことと、慣れるのに1週間程度必要なのですが、いびきでお困りの方で、ご興味があれば一度お申し出ください。

戻る

TEL 072-799-8733

PCサイトを表示

© Fujioka Clinic
戻る

ふじおかクリニック

アクセス

アプリで地図を見る
ふじおかクリニック
耳鼻いんこう科・アレルギー科
〒666-0142
兵庫県川西市清和台東3丁目1-8-2F
診療時間
午前診 9:00〜12:00
午後診 3:00〜7:00

補聴器外来
金曜午前9:00〜12:00(要予約)

休 診 日
水曜の午後・土曜の午後・日曜・祝日

お車でお越しの方
兵庫県12号線(川西篠山線)清和台東3丁目交差点の東側。
トナリエ清和台駐車場をご利用ください。クリニック受診の方は4時間無料です。

公共交通機関でお越しの方
阪急鉄道宝塚線「川西能勢口」駅下車。
阪急バス川西バスターミナルより清和台営業所方面行き「清和台中央」下車すぐ。

クリニック外観

戻る

TEL 072-799-8733

PCサイトを表示

© Fujioka Clinic